シュミレーションを使えば借り換え後の生活を想像しやすい

 ローンと一言で言っても色々なローンがあるのですが、中でも金額が大きいのが住宅ローンです。住宅ローンともなると短くても10年から15年ほどのローンを組み、長いと35年ローンともなります。その35年のローン生活の中でやはり重要なのが金利の存在なのですが、この金利の存在によって、毎月の支払額が決定します。そして、金利によって総合的にどれくらいの額を支払わなければいけないのか決定してしまうので、とても重要なのです。

 例えば、10年固定で1パーセントの金利だとします。仮に一千万円の借り入れがあったとして、一千万円を一年間借入したときの金利の額は10万円です。これが10年固定での支払いとなると、10年間で100万円の金利を支払わなければいけません。そして、それを借入した一千万円に加算すると全部で1100万円の支払額になるのです。

 住宅ローンの場合は、頭金がない限り、一千万円ということにはなりません。大体土地と建物の費用の金額を借入することになり、3000万円の借り入れがあったとしても金利が1パーセントの場合10年間で300万円になります。しかし、35年の支払いの場合、1050万円の金利を支払わなければならないので、合計すると4050万円の支払いになるのです。そう考えると、金利1パーセントという低金利でも1050万円の支払いがありますから大きな金額になるのです。

 その為、住宅ローンのような大きな金額の借り入れをする場合、ローンの借り換えをシュミレーション出来るサイトなどを活用してイメージトレーニングをしておくことは大事な事です。事前に借り換えシミュレーションをすれば、総合的にどれくらいの金額の支払いがあるのか、そして、毎月どれくらいの金額の支払いが必要なのかを把握することが出来ます。

 また、様々金利の幅で借り換えシミュレーション出来ますので、希望している銀行の金利を調べて毎月の支払額などを算出することが出来るのです。それによっては、希望する銀行を変更して、極力金利の安い銀行に変える事も視野に入れられますので、参考になります。

 住宅ローンを組む場合は、一戸建てを購入したり、マンションを購入したりするわけですが、ずっと長く住んでいられるように住宅ローンも確実に支払わなければいけません。今の世の中、住宅ローンの支払いが出来なくて家を手放す人も少なくはありません。家を手放さないためにも事前に借り換えシミュレーション、そして、どう支払いをしていけばいいのかを良く検討して住宅ローンを利用する他ありません。

関連サイト

住宅ローン借り換え比較口コミ
住宅ローンの借り換えを効果的に行えば毎月の返済額を減らしたり返済期間を短縮することができます!金利、諸費用が安いお得な住宅ローンを比較しておすすめの銀行のランキングを作りました!借換え検討中の方必見です!
www.karikae-hikaku.com/